三畳の部屋

ある人が、三畳の部屋でお風呂もないところに住んでいたんですって。
お風呂は外にお金払って行ってたんでしょうねー、トイレも、、共同かなー?
今は珍しいと思うけど、それでも10年くらい前にはあったようです、すごいね、女性ですよ。
そこに布団敷いたら他に何も置くものないね。。。
洋服とか机とか、、、最低限のものはないといけないけど、、、段ボール?
そういう生活をしてた人は堅実でしょうねー。
三畳って刑務所の部屋くらいじゃない?(知らないけど)
すんごい狭いし、威圧感ありそう。。
その建物に一人ならいいけど、きっと他の人もいるんだろうしね、よく見つけたねーー、よく入れたなーー。
なんか、みてみたい、その部屋。どんなとこだろう??
興味本位でしかないけど、見てみたい。
住めるか?、、、、数日ならいいかも。
騒音がなくて、お風呂が近くにあれば。
でもキッチンもないのか、、、どうするのだ、、お茶とか。。とにかく、そこも含めてみてみたいですー。

1日で着く

郵便を送ると、離島じゃない限り、本州でなら大体次の日に到着する。
すごいよねーー。
夜も走ってるってことです、昔でいう"飛脚'。。。(言い過ぎ?)
ありがたい世の中です。
近隣であってもすごいと思う。しかも「何時から何時までの間に」って指定もできる。
それをオンラインでやって、受け取る側もオンラインで受けてmその通り運ぶ、、、働いてる人も大変ですこと。
郵便局ってものや手紙を運ぶだけじゃないけど、民営化になってから働く人たちも大変だって聞きました。
それでもやっぱりこのシステムはありがたいです。
もちろん他の会社も頑張っています。大変ありがたいです。
1日あればついてしまう、ってことを知ると、海外での郵便が本当にいい加減で、日本のそれは多変優秀だってことがわかります。
日本ってすごいんです!
今更ですけど、海外の事情を知ったら日本の素晴らしさがわかりますよーー。

顔パック

ベッドで、お風呂上がりに顔にパックなんかしてノーンビリしたいなーって思うことがあります。
お風呂に入るのも素早くしてるし、着替えてベッドに入ったらコロンと寝てしまう、くらい疲れています。
そうではなくてmなんかまどろむ時間ってないとね、、気が滅入ってしまう。
やることやってバタンキュー、、、って生活はいけないねー。
おやすみもおやすみってよりは、屁ウヤの片付けしたり、買い出しに行ったり、何かと忙しい、、、こんな生活嫌だーー。
何も顔パックがしたい、ってわけではなくてmそういう時間の余裕が欲しいな、ってことです。
本を読む、でもいい。
本なんて3行読んだら寝てるもんね。
スマホ、、、だ目だよ、スマホはやったら!w
テレビ、、、テレビはいいね、パソコンで画面見るのは疲れてるけど、面白い番組やってたら見るのもいいかも。
それすら心にも時間にも余裕ないもんなー。
皆さんは顔パックしてますか?
大事ですよね、そんな時間。

苦しいマスク

マスクにも色々あって、つけてて呼吸してると苦しいのがある。
それは一時的にも苦しいので、カバンに「予備」として入れておくことにした。
それか数ヶ月。。。
ずっと「予備」のままそこにあった。。笑

たまには洗わないとね、ってことで洗って、またそのカバンに「予備」として入れるんだけどね。
だって苦しいマスクなんてしたくないでしょ。かと言って捨ててしまうには勿体無い。
いつの日か、忘れたり、落としたり、汚れたりして「予備」が役立つ事もあるのだと思うのよ。
でも、苦しいマスクを保存しておう意味、アルカナ??とも思い始めた。
だって使い捨てのマスクや、他の、苦しくないマスクを使って、その「予備」は、予備のそのまた予備みたいないちづけて、さっぱり順番が回ってこないのだ。
でも・・・捨てられない、そうでしょ。
苦しいマスク、お前がいけないのだ、、どうしてお前はそんなに息苦しいのだ。
素材か?
その素材は買わないようにしたいけど、お前のような苦しいマスクに当たったことはないぞ。素材も何なのかわからない。。他のマスクはお前ほど苦しくないのだ。。
なんの試練で私はお前を持っていなくてはいけないんだろうか。。。
それでも捨てるのもかわいそうだから、またカバンに数週間入ってるんだろうなーー。

大きなおにぎり

ネットで、何気に出てきた画像で(何か狙ってるんだろうけどね)大きなおにぎりがありまして目につきました。
内容は読んでないけど(狙い・・・失敗!)笑、、、あーおにぎり食べたいなー、、って思いはでてキアmした。
おにぎりを売るような内容だったらまさしく成功だったわけですが(笑)、、、でも違うっぽい。
おにぎりのことを書いてるけど、おにぎりを売る宣伝ではないって意味です。
何だったのかわからないけど、おばあちゃんが作った大きなおにぎり、って話みたいでした。
大きなおにぎりが握れるって、手が大きくないといけないのでね、または技術があるか、です。
私は手が大きくないので、すごーく大きなおにぎりは難しい。
可愛いおにぎりをたくさん作るのは得意。
あーこうやって書いててもおにぎり食べたくなってきたーー。
シャケを焼いて入れてみる、とか、美味しい梅干しを入れてね。
のりもつけて、、、あ戦ううちにまず食べて、あとは冷めても、いつでも食べられるのがいいところだよね!
コンビニには走らず、家で作りたい。
、、ってことで、炊飯器をセットしよう!
(後で作る気満々)
ってことは、あれ、、、炊飯器の宣伝だったのか??笑

コーヒーが美味しく感じない

コーヒーそのものは美味しくないわけじゃないと思うけど、美味しく感じない。
自分の体調がいつもと違う、、、だけではなくて、よくないのだと思う。
(コロナではなく)
コーヒーで体調変化を知るなんておかしいかもだけど、でも大事なことですよね。
コーヒーに限らないのかもだけど、毎日同じものを飲む、、食べる、、そして感じることってコーヒーくらいしかなくて。
でもコーヒーに味はあまり求めていなかったので自分でもびっくりです。
コーヒーってどちらかというとその時間を楽しむものと、一息つきたいから飲むだけのもの、でした。
でもね、そこで体調管理ができるのならこれからもコーヒーは飲み続けようと思ったのです。

同じもんを毎日食べてる、飲んでるなら、そこで違いってのはわかると思います。
大事なことですよーー。
それが何か、、は、人によって違うだけ。
体調管理はちゃんとしたいですよねーー。
だったらコーヒーは控えめに、、って声も聞こえてきそうだけど。

雨の日の猫

窓の外を見ていたら、雨なのに一匹の猫ちゃんが歩いていました。
自分の家に帰るところかなー。
そこで思ったのですが、猫好きには申し訳ない、・・あの足で家に帰ってきても自分なら嫌だな、って。
きれい好きだけど、きれい好きでも猫ちゃんが好きな人は許してるよね、
いまのところ自分には許せない、、笑
いくらきれいに舐めても、です。
すごい雨なんですよ、泥もついてるだろうし、体も汚れている。
そのまま家の中に入ってくるなんてーー、、、、。
こんなんだから猫は飼えないなーー。
猫ちゃんがいる家に遊びに行って猫ちゃんと遊ぶのはなんともないんだけどね。
ワンコも同じかな。
家の中で買うなら、散歩の後は足を洗う、、、そんなことしてたら大変だよね。
ワンコも買えないか、、、飼いたいって思うことはあるのに。
自分を変えなかったらダメだね。これは。

香淳皇后

香淳皇后さま、って聞いてわかる人はもう少ないのでしょうね。
昭和天皇の奥様、です。
この当時は恋愛結婚というものは皇室ではあまりなくて、ほとんどが周りが決めた人と、です。
そして、民間からの人もいなくて、香淳皇后さまも皇族です。
ながこ、って言いますが、あまりこれも知られてはいませんよね。
6人のお子さんを産んでいますが、育ったのは、、4人、、かな、確か。
この時代はね、、どうしてもね。。

さて、ご存知、長男は今の上皇天皇です。
でも、実は上に4人もお姉さんが。
そう、女性は天皇になれないのです。
この時も、雅子さまみたいに「男の子を埋め」というプレッシャーはあったようです。
4人も生んでいたら男の子が出てもいいのにね、、、4人も女の子では大変だ。
でも生まれました。

この時まだ「側室を持って、その人に男の子を産ませましょう」という話もあったそうですよ。
なんということだ!(でもこういう時代なんです)
でも天皇が「ながこでいい」と言って聞かなかったそうです。
うーん、、えらい!

ヴィラ投資

世界のリゾート地に建つヴィラとかリゾート・ホテルに投資しない?って話があったら乗ります?
案外安いところもあって、会員んみたいに、年間何日間はそのヴィラに泊まれる、というもの。
他の日は一般の人にもちろんヴィラとして泊まってもらって、その利益を還元する、というものです。
うまくいくかはもちろんわからないし、騙されてる可能性もあるからね、怖いよね。
でもうまくいってる人もいるんですって。
知識がないと難しいでしょうけど、勉強して、お金がある人はやるらしい。
なくても頑張ってやるのかな、、、それでも戻ってくるならいいじゃないでスァ?
その可能性が高かったらやってもいいかも??笑

って、私はやりません。危険だから、ではなくて、興味がないから、です。
いつも違うヴィラやホテルに泊まりたいし、投資って知識の勉強もしたくない。
面倒なだけです。
そんな話があったかって?・・・あったんです、あります、でもやりませーーん。
興味のある人はやってみては?

納骨しない

知り合いで、親が亡くなったのですが、なかなか納骨をしない人がいます。
理由は「お金がかかるから」ですが、お葬式を出したのなら、あとは少し頑張って納骨するだけ、、だとも思うのです。
ずっと置いておく人もいるけど、でも、できれば納骨してあげてほしいな、、、理由がお金ならなおさら。
打つ式だと仮定して、お寺に相談したら安してくれるはずだし、お墓をあける・しめる、と言うのも数万なはずです。
それがないような人じゃないけど、、他にも事情がありそうです。
納骨しないでおく、という人はいますが、理由があるはずですよね、それが「お金がない」ではなんだか悲しい。
納骨しないでずっといつまでもいるわけにもいかないだろうに。
全く知らない人じゃないだけに、何かしてあげたい、と思っています。
でも何ができるのか、どうしたらいいのかもわからない。
なんか悲しいなー。。
皆さんはどうしますか?
その前に、納骨しない、と言う選択肢、ある??

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク