看護師として映画に学ぶ

この間ひかりテレビのビデオで「おとうと」という映画を見ました。

ちょっと渋いですかねぇ...。

なんとなく見るものがなくて見てみようかなって感じで見ていたんだけど、ラストの方で

民間のホスピスのような施設?で最期を迎えようとしている人に対して施設の人たちのとても暖かいまなざしになんだか見入ってしまいました。

私が接している患者さんたちにあんな風に気持ちを込めて向き合っているかな...なんて思わず考えさせられたんですよね...。

もちろん映画の中の話だから...っていうのもあるかもしれないけどやっぱりなんだかすごいなって思ったんですよね...。

映画やドラマって時にはすごく考え深い作品があるんですよね...。

人対人の関係、言葉には表せないものってあるんでしょうね!

看護師のネタから離れますが医師のアルバイト求人って結構多いんですね。

医師は正社員のイメージですがアルバイトもあるんですね。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク

このブログ記事について

このページは、てっぺいが2012年2月 8日 01:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「患者さんとの関係」です。

次のブログ記事は「海猿の話で患者さんと楽しむ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。