忘れられないこと

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします!


さて、私にはどうしても忘れられない悔しい思い、ということがあります。
ちょっと気持ちが悪い感じ、、でもしょうがない、、みたいな。

むかーしの話です。
昔、、、お正月になると、車の前にもかざりをつける習慣がありました。
今はないですね。
お正月が終わってしばらくすると、その飾りは外すのですが、
私はその飾りを「あ。そろそろ外そう」って思ったのが、当時働いていた会社の駐車場でした。
前にある飾りをはずし、、、職場に持って行くのもおかしいので、
でも、車の中には入れられない、、、その時、車のキーを持っていなかったのです。

なので、帰りに拾って、車で帰って自宅で捨てよう、、そう思い、
車の横にぽんと置いたのです。

捨てるつもりはない!

でも誰かがそれを見ていたらしく、
仕事が終わって車にいくと、飾りが、車のフェンダーミラーにかけられていました。
「ちゃんと持って帰れよ」って感じ・。
そうするつもりでしたが、そうは見えなかったんでしょう。
悲しい思い出です。
ちゃんと持って帰って捨てるつもりが。
すごい誤解だ。
これが、忘れられないトラウマになっています。

このブログ記事について

このページは、てっぺいが2020年1月 1日 15:45に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「煖房が嬉しい!」です。

次のブログ記事は「なかったらいいのだ。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。