子供は絶対てきなもの

自分もそうだけど、親というのは絶対的な無償の愛の対象です。
特に母親。
話題になったアンドリュー王子(イギリス)の娘さんは、あんな(!!)母親でも
サラさんのことを慕っているし、「誤解される人」としています。

(でも、サラさんって王室のことをしゃべって、それだけでお金もらったり、、、したんだよね)

確かに誤解もあるけど、こんなふうにとにかく、子供って絶対的に母親の味方だし、そうあるべきもの。
いや、自然にそうなるもの、だと思ってる。

なのでメーガンさんの息子のアーチー君が大きくなっても同じです。
絶対的にメーガンさんを慕って、味方です、どんなときにも。

世界中を敵にまわしても味方です、断言します。

そうじゃない人も世の中にはいますが、多くはそうなのだ。

母親って、、、、、素晴らしいものですよね。

かの小室さんだって、あれだけ叩かれている(?)母親を一番大事にしています。
家のなかの親子関係は絶対なのだ。

外の顔とは違う(!!)。
それでいいし、そうあるべきだし、そういうものなのです。
私はそう思っています。
なので小室さんやベアトリス王女がそういうのは理解できるのです。

このブログ記事について

このページは、てっぺいが2020年4月 1日 00:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ある皇室記者が聞いた言葉」です。

次のブログ記事は「石に穴」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。